4人の強面の男に取り囲まれた

【強制調教編】最初のリクエスト

4人の強面の男に取り囲まれてしまった、満里奈。すると、強面の男の1人が海堂に話しかけた。

「今回はコイツか?間違いなく処女なんだろうな?」

「はい、そのはずです。ということで、例の裏金の件は……」

「あぁ、分かった。もみ消してやる」

すると、満里奈はあっという間に強面の男に担ぎ上げられてしまった。

「きゃぁあ!」

肩に乗せられているような体制のため、おそらく他の客からは、満里奈の下着と、下着からのぞく性器が丸見えになってしまっている。

「いやぁ!下ろして!」

満里奈の抵抗を物ともせず、男達はあっという間に満里奈を会場から連れ出すと、すぐ近くの別の部屋に入った。

そこは和室のような作りで、中央には布団が敷かれている。

「ひっ……いやぁ!」

「いやじゃねぇだろ、お嬢ちゃん。こんなとこにくるくらいだから、覚悟は出来てんだろ?」

満里奈を担ぎ上げていた男が、そういいながら満里奈を乱暴に布団に下ろす。

そして満里奈は、あっという間に後ろから抱きかかえられるように、拘束されてしまった。男は満里奈の両足を自らの足を使って押さえ、大きく開かせる。

「いやぁあああ!」

必死に逃れようとする満里奈だが、両腕も押さえ込まれているため、晒された陰部を隠すことすらできない。

「そんなに嫌がるなよ……興奮しちまう」

満里奈は、お尻のあたりに固い感触を感じ、青ざめた。

「コイツはサドだからな……。お嬢ちゃん、たっぷり泣けよ。観客も、それを望んでるんだ」

そういうと、4人の男の内1人は、ビデオカメラを回し始めた。そしてそれで、満里奈の陰部をアップにする。

「いやぁ!撮らないで!」images31

満里奈の抵抗もむなしく、もう一人の男によって、陰部が、指で思い切り広げられた。

「いやぁああああ!」

すると、ビデオカメラを持った男が、耳にイヤホンを付け、ナレーションのようなものを付け始める。

「えー……会場のみなさん、ご覧ください。本日の『獲物』は、生粋の処女でございます。なるべく、みなさまのリクエストにも応えながら、調教させていただきますので、ごゆるりとお楽しみください」

どうやら、ここで撮影された映像が、さきほどの会場で流れているらしい。すると、ビデオカメラの男が言った。

「早速、最初のリクエストだ。まずは……」

リクエストは『緊縛』

リクエストは『浣腸』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする