低温ロウソクで真っ赤に染めあがったまどかに
やさしくキスをした。

何度蝋燭で感じたのだろうか…im08
後半はお灸みたいな感じでプレイを楽しんだが、
まどかの身体は蝋燭だらけである。

まどかはすでに受け付けることができる体制ができている。
SMプレイは前戯みたいなとらえ方もできる・・・・
普通は愛撫で女性を濡らしてから
SEXに至るのが、一般的なSEXだとしたら、

SMプレイで十分濡らして、SEXを楽しむのも
私の中では一般的なSEXなのであった。

パンツだけずらして、犯す感じで挿入するのが大好きです。
まどかの秘部は受け入れるのに十分すぎるほど濡れていた。

蝋と汗だらけの身体同士で、
抱き合いながら正上位で一回イッタ…

ロウソクのおかげで、興奮度はMAX
早濡れとか思われることもお構いなしで、
10分ぐらいグラインドしたら、一気に果ててしまった。

SMプレイのあとのSEXは締めには最高である。

「汗流そうか…」

一緒にお風呂に向かう。

二人ともに着いた残った蝋を全部払って、
一緒にお風呂でまったりした。im10

プレイはここで終わりだが、私の楽しみはまだ残っている。

「一緒にお風呂に入ってまったり するのが大好きだ。」

お風呂では恋人同士みたいに、肌と肌を触れ合わせて、
ゆっくり湯船に入って、まったりとつまらない話を交わす。
お互いにチンチンやオマンコをいじりながら
世間話をするのが大好きだ。

恋人を一戦交えた後のお風呂のように、
全身を交代で洗ってあげたり、
髪もお互いに洗ってあげたりするのも大好きだ。

キス、フェラ、クンニ、胸、乳首とお互いの感じる部分を
イジイジしながら、たわいもない話がたまらない。

お風呂の中だけは、私が恋人気分でいてくれることをお願いするぐらいである。

終わり