あの壮絶とも言えるスカート捲りの罰を受けて2ヶ月経った頃です。
ようやくお尻の痛みも消え、ゲンコツを太ももの下に挟まなくても椅子に座れるようになりました。
級友達も普段通りに接してくれ、女子からも話し掛けられるようになりました。
見かけの上ではまともな中学生生活が戻ったように思えました。

しかし実は、先生から受けた罰は、僕の心の中に、とても甘美で背徳的な出来事として今も記憶の中に生き続けています。

先生のスカートを捲ったのは水曜日でした。
明くる日から罰が開始され、その日は僕たち2年生の教室がある2階の廊下を全裸で雑巾かけし、授業後に音楽準備室でお尻を竹刀で打たれました。
100発をなんとか持ちこたえましたが、その夜は痛みで一睡も出来ませんでした。
金曜日、どす黒く腫れたお尻を晒し、1年生の教室がある1階の廊下の雑巾がけです。
これは本当に屈辱的です。
年下の男女に全裸を晒し、彼らが歩いている中を、床に膝をついて雑巾がけをするのです。
辛い罰でした。
それでも何とかやり遂げ、放課後に音楽準備室へ出頭します。
すぐに竹刀でお尻を打たれたのですが、最初の10発くらいで僕は泣き叫びました。
前日に打たれて腫れ上がったお尻をさらに打たれると、これまでに経験した事がない凄まじい痛みが脳天まで駆け抜けます。

僕「先生、ごめんなさい。お尻をぶたないで」

手でお尻を庇い、床に頭を擦り付けて懇願しました。

先生「あら、まだ2日目よ」

僕「もっ、もう駄目です。お尻叩き以外の罰を下さい」

さすがに先生も腫れ上がったお尻をこれ以上竹刀で打つのは気が引けたようです。

「そうね。これ以上は無理そうね、お尻。では残り90発はビンタ」

とても辛い罰ですが、お尻叩きよりはずっとマシです。
先生の前に直立不動。
もちろん全裸です。
パン、パンと往復ビンタ。

先生「一往復で一発よ」

最初に右の掌で左の頬を打たれ、次に右手の甲で右の頬を打たれます。

先生「しっかりと歯を食いしばりなさい。口の中が切れるから」

思ったよりも辛い罰でした。
だんだんと頭がクラクラし、頬がジンジンと痺れます。
顔全体に熱がこもり、目頭が熱くなります。
時々、無意識に痛みを逃れようと俯き加減になるのですが、先生はすかさず手を僕の顎に添えて、「ほら、ちゃんと顔をあげなさい」と冷酷な表情で指示します。

先生「80発」

先生の声が聞こえますが、どこか遠くから聞こえるような感覚でした。
ようやく「はい、100発」の声を聞き、肩の力を抜きました。
正面の先生の顔は涙でかすんでいます。

先生「明日は土曜日ね。午後に体育館のフロアーの雑巾がけをなさい(当時は土曜日の午前中まで授業がありました)。そして4時に、ここに」

その指示を受け、帰宅を許されました。

土曜日の午後の体育館では合唱部が練習中でした。
体育館の前方には1メートル程の高さのステージが設けられています。
ステージから見下ろす先にフロア(バレーやバスケ用)が広がっています。
僕は合唱部の連中に見下ろされる格好で全裸雑巾がけです。
午後1時から4時まで。
先生は合唱部の指導をしつつ僕を監督しています。
休憩もせず黙々と働きました。
合唱部には1年から3年のまでの男女およそ40名が所属してます。
合唱部用のお揃いのジャケットを着た彼らの前で全裸。
本当に情けない気持ちになりました。

ようやく4時になり練習が終わります。
すでに僕は汗だくのヘトヘト状態。
それでも全裸のまま先生の後について音楽準備室に向かいました。
早速お尻打ちが開始。
ビシャンと竹刀が唸った瞬間、僕は四つん這いの姿勢を崩し、床にうつ伏せのまま動けませんでした。
初日に打たれたダメージは全く回復してません。

僕「先生、駄目、駄目です」

先生「だらしない子ね。昨日はビンタで許してあげたのだから、今日はお尻よ」

と言いつつも僕のお尻を触ります。

先生「相当、堪えてるようね。凄い腫れ方だわ。フフ。私のスカートを捲ると大変な目に遭うことが分かった?」

僕「はい」

先生「今日はもう帰りなさい。ただし、明日の日曜日、朝8時に校庭に来るように」

今日はあの痛みに苛まれないで済むと胸を撫でおろし帰宅しました。
もちろん翌日は8時よりも前に校庭に出頭し先生を待ちました。
たしか夏休み前、7月上旬だったと思います。

8時きっかりに現れた先生。

先生「これから夕方6時まで、水が入ったバケツを両手に持ってトラックを走りなさい。もちろん真っ裸よ。1周で明日のお尻叩き1発を免除します。さぼっても全然かまわないわ。お尻叩きの数が増えるだけだから」

トラックは400メートル。
もしも100発のお尻叩きを全て免れたければ100周、つまり40キロを全裸で、しかもバケツを両手に持って走らなければなりません。
すぐにバケツを準備し、水飲み場で水を満たします。
全裸になりランニングを開始。
幸い早朝の校庭には誰もいません。
朝の日射しが、普段は下着に隠れている股間に当たり、何となく暖かいような違和感を今でも覚えています。
ランニングとはいえ、ヨタヨタと小走りするのが精一杯です。
なにせ両手には水の入ったバケツを持たされているのですから。

校庭の時計が10時を知らせます。
ようやく12周をこなしました。
12時が近づき、ペースは確実に落ちてきました。
まだ20周。
昼食もとらず、必死に続けます。
午後1時になると校庭は炎天下です。
時々、水飲み場で水分を補給する時間も惜しむほどに頑張りました。

昼下がりの校庭には近所の就学前の子供達が遊びに来てました。
とても奇妙なものを見るように、最初は遠巻きに、しかし次第にトラックに近づき・・・。

「あれ、◯◯さんちのお兄ちゃんだよね」
「何か悪い事したのかな?」
「お尻が黒くなってる」
「恥ずかしいよね」

などと好き勝手に話し合います。
さすがに僕に直接問うことはしませんでしたが。

結局、午後6時までに40周しかこなせませんでした。
先生に正直に報告しました。

先生「そう、明日から60発。これは絶対よ」

月曜日の授業の合間には3年生の教室がある3階の雑巾がけです。
これは少し気分的に楽でした。

「お前、あの先公のスカート捲ったんだって。よくやるわ」といった半ば同情を含んだ言葉を男子の先輩から掛けられました。

授業が終わり音楽準備室へ出頭。
木曜日に打たれたお尻はかなり回復したように思えました。
これなら60発は耐えられるかも・・・と思いつつ、先生の前で四つん這いになります。

先生「では60発。いくわよ」

ビシン。

最初の一発は何とか声を出さずに耐えることができました。

ビシン。

僕「アッ、痛い」

2発目でかなり堪えます。

先生「当たり前よ。痛くしているのだから」

ビシン、ビシン、ビシンと3連打を食らいます。

僕「駄目。痛いよう。許して下さい」

先生「まだ5発よ。頑張りなさい」

気を取り直し姿勢を戻します。

ビシャン。

僕「ヒッー」

ビシン、ビシン、ビシン。

僕「痛いよう、先生、痛いよう」

ビシン。
再び崩れ落ちました。

僕「許して、先生。他の事なら何でもします、お願いです」

先生は竹刀を置くと椅子に座りました。
僕を見下ろす状態です。

先生「ねえ、本当に反省してる?」

僕「はい。もう絶対にしません。誓います。クラスの女子にも絶対にしません」

先生「アハハ、勘違いしないでね。あなたは私のスカートを捲った罰を受けているの」

僕「はい。ごめんなさい。先生」

正座して懇願します。

先生「そう。許してあげようかしら。ただし・・・」

僕「先生、どうかもう許して下さい」

先生の「ただし」の言葉を遮り、僕は土下座してお願いしました。

<続く>