これは私が経験した本当の話です。

千秋が私の会社に事務員として来たのは、彼女の夫が私の同級生(津川)だったからです。
前の事務員が家庭の都合で辞めたいという事で捜していたところに、彼、津川がひょっこりやって来ました。

「誰かパートでもいいから、居ないかな?」という私の問いに、「もし良ければ、うちのカミサン使ってよ」という申し出がありました。

元銀行員だと言うので一度会うことにしました。
思ったより綺麗な人(国仲涼子にそっくり)で、頭もきれそうでしたので、すぐ採用を決めました。

はっきり言うと私は津川が嫌いでした。
高校の時から。
でも津川は私がそう思ってるなんて知る由もなく、ワイフを私に預けたのです。

千秋は取引先からの評判も良く、すぐ仕事にも慣れました。
彼女が私に好意を持ってるみたいだなという事は、すぐ分かりました。
土曜日の昼はよくビールを買って来て2人で飲みました。
勿論、他の社員が居ない時に限ってですが・・・。

ある土曜日に初めての事が起こりました。
少し酔ってたのもありますが、給湯室に彼女が立った時、私も後をついて行きキスをしました。
彼女は最初ビックリしたようですが、すぐに舌を絡めてきました。
かなり長いキスだったと思います。

「ハアハア」という彼女の息遣いが伝わってきます。

顔もかなり紅潮していました。

「ごめん、でも我慢できなかったんだ」

「ううん、私もしたかったの」

今度は彼女からキスしてきました。
それから事務所の中では、社員が出かけて二人になると、彼女は決まってキスをねだるようになりました。
そこまで行くと、後はなる様にしかなりません。

遂に、ある土曜日にラブホに行きました。
結婚以来、旦那以外の男とするのは初めてらしく、年(35歳)の割には初心でした。
旦那の津川はSEXは好きだけど時間が速いらしく、もっぱらオナニーで満足してるということは事務所での会話で分かっていました。
そして津川が初めての男であり、彼以外知らないという事も。
津川も彼女が初めての女性で、浮気もしていないと。
信じられない話ですが、SEXの時、前戯もあまりなく、ちょっと触って濡れるとすぐ挿入。
正常位しかしなくて、しかもすぐイクらしい。

彼女が私とこれから始まる事に凄く期待してるのが分かりました。
落ち着いて出来るキスに彼女も感じていました。
ブラウスを脱がし、スカートを脱がし、下着だけにしました。
可愛い上下お揃いの黄色のブラとパンティ。
紐パンを初めて見て興奮しました。

紐を解くと、「あっ」と言って股間を隠す千秋がとっても可愛く思えました。

その顔からは想像できない黒々としたヘアー。
大きくはない乳房、カチカチになった乳首を吸いながら指はヘアーに・・・。
もう既にヌルヌル。

「すごい濡れてるよ」

「いやぁ、恥ずかしい。私、濡れやすいの」

キスしながら囁く千秋。
コリコリに尖がったクリトリスの下側をヌルヌルを指に付けて弄ると、「あぁ・・・」と反り返り、足が突っ張りました。

「もうイッたの?イク時はイクって言わなきゃ駄目だよ」
「そんな事言った事ないから恥ずかしいよぅ」

「駄目だよ。言わなきゃもうしないよ」
「いやぁ、言うからもっといっぱいしてよ」

そう言って千秋は自分からクリを擦りつけてきました。
私もかなり有頂天になっていました。
こんな綺麗で可愛い、しかも嫌いな同級生のワイフが今、私の言うままに動く淫乱な牝犬になってる。
舌を下半身に持って行きました。
今から行われるだろう事を期待して自分から足を開く千秋。
シーツに染みが出来ていました。
マンコから流れ出た愛液がアナルに溜まってシーツまで。
舌でクリを舐め上げ、吸い上げました。
直後に「いっくぅ・・・」と私の頭を両足で挟みつけました。

「今度は俺の舐めてよ」

「私、した事ないの。旦那はさせてくれないし、私のもしてくれない」

私はどうしたら男が、いえ、私が気持ち良いかを教えました。
チンポの裏筋を舌の先でチロチロ舐め上げるといいよとか、タマを軽く触りながらするといいよとか・・・。
結局、それから本番を含めて10回くらいイカせました。
勿論「いっくぅ~」と言わせて。
最後は彼女にとっては初めてのザーメンの味を覚えさせました。

「美味しい、初めて飲んだ」

嬉しそうに笑う千秋はとっても可愛く見えました。

それからは、事務者で事あるごとに千秋にチンポを舐めさせて、口で受けさせていました。
勿論、千秋は私の指で何回もイカせてました。
だんだんと恥ずかしい事も言わせてました。
チンポを触らせながら、「これは何?」って聞くと初めは、「なんて言うか知らない」なんてとぼけてました。
いくらなんでも、35歳にもなって知らない事はないんですが、「チンポって言ってごらん」などという痴話もしながら、私好みに変えていきました。
やがてキスしてると、耳元で、「チンポ触りたいよぅ」などと言うようにもなりました。

私はSMに興味がありました。
まあSの方なんですが。
ある日、ホテルに行く途中で紐を買いました。
引越し用の赤の紐です。
千秋にもその話はしてました。
彼女も色んな事を知り、SEXの感度もかなり変わってきていました。
入れる時には、「千秋のオマンコにチンポ早く入れて下さい」と必ず言わせてましたし、最後は、「お口にザーメン飲ませて下さい」と必ず飲精させてました。

その日、初めて縛りました。
と言っても私も初めてなので、SM雑誌で見たのを真似て・・・。
でも結構うまくいきました。
両膝を縛って首の後ろに廻す、つまり全部丸見えの状態です。
手は勿論、後ろ手に縛りました。
それだけで千秋は感じていました。
筆も持って行っていたので、クリからアナルまで筆で焦らせました。
その間にも何回も、「いっくぅ~」です。
チンポを入れる頃にはもう声が枯れるくらいにイッていました。
バイブを買ったのもその頃です。
もう完全に千秋は私の牝犬でした。

ホテルの風呂では、立ちションもさせました。
それも自分で広げて、「千秋の立ちション、見てよぅ」と言わせて、なるべく遠くまで飛ばせるようにヘアーを上に引き上げながらさせてました。

事務所では清楚で上品な人妻事務員、2人になるととんでもない淫乱女。
実際、彼女目当てに来る取引先の営業マンもかなりいました。
それが後でとんでもない事になるんですが・・・。

夏には千秋のヘアーを綺麗に剃り上げました。
旦那には、「誰に見せるもんでもないから処理した」と言ったらしいです。
とにかくこの頃には私の言う事は絶対でした。
まだデジカメが凄く高い頃でしたので、ポラで写真を撮りました。
毛のないマンコにバイブを入れたのとか、ニッコリ笑って立ちションしてるとことか、とても他人には見せられない写真が貯まっていきました。
彼女のロッカーはそんな物ばかりで溢れそうでした。
テレクラに電話させてテレフォンセックスもさせました。
これも全部テープに録音させてですが。

私の牝犬になって1年位経ちました。
私は勿論仕事がありますから、そればっかりに関っている訳にもいかず、暫く千秋と出来ない時期がありました。
1ヶ月くらい構ってやれずに、飛び回ることもありました。
電話では話していたんですが、社員も増えて、以前みたいに事務所で抱き合うこともなくなりました。

そんなある日です。
出張から帰って来た私は千秋をびっくりさせたくて、連絡を入れずに事務所に行きました。
わざと表から入らずに、裏口を勢いよく開けました。
そこで見たものは、よく出入りしてた取引先の営業とロッカーの裏でキスしてる千秋でした。
裏口から出入りするのは私くらいでしたし、私はまだ出張中と思って安心していたんでしょう。
彼の首に手を回して、彼は千秋の腰に手を回して・・・。

私は怒り狂いました。
千秋にも彼にも手をあげました。
その時は2人ともキスだけだと言い張りました。
でも私には違うという事が直感で判りました。
それから彼を追い返し、千秋を問い詰めました。
遂に夕方になって白状しました。

ある日、彼に無理やりキスされ、「好きだ、好きだ」と言われてるうちに、千秋も彼に気持ちが動き、ホテルに行ったと。

私も自分のことはさておいて、彼の会社の社長とも話しました。
もう二度と会わないと言う念書も書かせました。
それでも私の気分は納まりません。
千秋は泣いて詫びるばかり。

私はどうすれば千秋に復讐できるのかばかり考えていました。
憎しみの相手は完全に千秋一人になっていました。
そこで思いついたのがテレクラです。
千秋にテレクラに電話させて、会う約束をさせたのです。
それも全部会話をテープに録音して来るように約束させました。

本屋のパーキングで待ち合わせをさせ、私はどんな奴なのか見ていました。
四駆に乗った30歳くらいの奴でした。
私は後をつけました。
この時の私はある意味狂ってました。
千秋に対する愛情と、それに反比例する憎しみ。
私を裏切った事への報復。
プライドが高かった千秋への復讐。
そんなもんが渦巻いていました。

四駆はモーテルに入りました。
見届けてから事務所に帰りました。
そうそう、千秋には相手から金を貰って来るように言ってありました。
エンコー、つまり売春です。
あのプライドの高い女に売春をする様に命じたんです。
勿論、私は金なんか要りません。
仕事も順調でしたし、金には困っていませんでしたから。

千秋が帰って来ました。
涙を浮かべてテープレコーダーと3万円を私に差し出しました。
千秋の前で、テープを聞きました。
車に乗ってすぐに「えっ、電話の相手はホントに貴女なの?こんな綺麗な人、初めてだ」と言う男の声。
車の中で浮かれてる男の様子がよく分かりました。

「はい」とか「いいえ」しか言わない千秋。
ホテルに入ってすぐ、「むぅ・・・」という声。
キスされてるんだ。

「いやっ・・」

触られてるんだ。
でもだんだんと千秋の声が「あぁぁ・・・」に。
服を脱ぐ音。

「おぉ、綺麗」という男の声。

事務所のチェアーで聞いてて、私は勃起していました。
その情景が目に浮かびました。

それから間もなく、「あぁぁ・・・ダメ、そんなにされたらイッちゃうよ」の声。

(なんだ・・・誰でも感じるのか)

何回もイキ続ける千秋。

男「口に出すよ、口開けて・・・、あぁ気持ちよかった」

千秋「シャワー浴びようよ」

遠くなる声。
シャワー浴びてるんだ。
でも遠いながらに千秋の、「あぁぁ・・・、またいっくぅ」の聞き慣れた声。
風呂場に反響してる声・・・。

気が付くと千秋が涙を浮かべたまま、私の横に立っていました。
私は黙ったままズボンのファスナーを下げました。
跪き、パンツの中から慣れた手つきでチンポを出し、舌を差し出す千秋。
テープの興奮と久しぶりの千秋の舌技。
テープの中の千秋の「いっくぅ」に合わせて大量のザーメンを千秋の口に出しました

千秋はこの日、男のと合わせると、3回口に出されたそうです。
客のは飲まなかったそうですが。
3万は私のデスクの中に入れました。

<続く>