まどか(24歳)とのプレイ-00-

まどかは当時24歳の普通の女の子。
身長が140cmと小柄なので、若く見られることが多いみたいだった。

image07初めて会った時にカミングアウトしたのだが、
親には事務の仕事をしていると言って嘘をついて、
実はソープランドで働いていた。
つまり、平日の8時~17時でソープ嬢をやって、
実家で過ごすという大胆な生活を送っていた。

ソープで働いている理由は元カレの借金を背負ってしまったみたいで、
それの返済をしているのだが、彼氏もいるということだった。
もちろん、親兄弟、友達、彼氏にもソープで働いていることは知らない。
なので、仕事上の愚痴を言える相手も私だけと言う感じだった。

出あったきっかけは、出会い系サイト。
自分がMであること、
お客さんとのプレイで苛められることもあるが、
すべてが中途半端で、思いっきり苛めてくれる相手が欲しいということであった。

まどかは苛められることが大好きだった。
私は苛めてあげる事が好きだった。

その二つの共通点だけで、1年ほど付き合いが続いた。
今になってみれば、それだけよく続いたものである。
まどかは彼氏もいるので、苛めてくれて、何回もイクだけで満足した。
私はSMプレイを提供しつつも、SEXも求めたが、ちゃんと受け入れてくれた。

それだけだった・・・

お互いにSMプレイに興味を持ち、相手に興味を持って付き合うことが出来たら、
3年でも5年でも、まどかが結婚してでも、SMプレイを楽しめたかもしれない。
SMプレイだけの繋がりだったので、1年たったころにはギクシャクした関係になってしまった。
私がまどかに感情を入れ込み過ぎたのが理由であった。

ここには、愛奴としてのプレイを綴っていくが、image03
とても楽しい時間を過ごすことが出来た。
まどかとしても、私が感情を入れ込みすぎないで、プレイに徹していたら、
もっと長くパートナーとして楽しめたことだろう。

「あの頃のまどかのプレイは楽しかった」
「まどかみたいなパートナーをまた探したい」
と言う気持ちを込めて、プレイを綴っていきたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする